時代の最先端技術でプリントアウト

プリントアウトのしくみ

よくあるプリントアウトは、大容量記憶デバイスにあらかじめプリントしたいデータを保存しておき、それをコピー機に差し込んでプリントアウトを選択するというものです。 しかし近年注目を浴びているのは自分がプリントアウトしたいデータを、ネット上にアップしてそれをもとにプリントアウトしてくれるというサービスです。

ネットを介して介したプリントアウトとは

皆さんはプリントアウトを利用したことがありますか。
特に意識しなくとも、プリントアウトを利用する機会は非常に多いと思います。

大学生であれば、レポートをパソコンの文書で作成し、それを紙に印刷して提出するというのは、最近の大学生にとっては常識のようなものでしょう。
また、会社員の方でも自分でまとめた報告書を紙として他の人へ渡したり、会議の際のハンドアウトとして配る機会もあると思います。

このように、プリントアウトは社会的になくてはならない技術となっています。
しかし、次のような経験をしたことがある人はきっと多いことでしょう。

せっかくパソコンで文書を作ったのに、接続デバイスを忘れて、あるいは接続デバイスに保存するのを忘れてコピー機が利用できない。

一般的に、わざわざパソコンで作ったデータを印刷する書類は大事なものが多いだけに、非常に困ってしまいますよね。

ここで登場するのが、最近よく出回っている、ネットプリントというサービスです。
ある指定されたWiFiに接続して、データをアップロードすることで、同じくそのWiFiに接続してあるコピー機からそのデータをプリントアウトできるというものです。

もちろん、そこには様々な問題が浮上します。
先ほど印刷する書類には重要なものが多いといいましたが、共通のWiFiにアップロードして、他の人から見られることはないのか、逆にアップロードする際にウイルス感染の恐れはないのかなど、考え出すとキリがありません。

では、ここからネットプリントについて、その利便性と問題点、今後の活用について考えてみましょう。

ネットプリントはどこで使えるのか

非常に便利な機能を備えたプリントシステムですが、ネットプリントはどこで利用できるのでしょうか。 自宅などで利用する分には良いですが、そもそも自宅にコピー機を持っていない人も多くいらっしゃると思います。 では、どこに行けばネットプリントが利用できるのか考えてみましょう。

ネットプリントの可能性

ネットプリントによって、大容量記憶デバイスをプリントアウトのために持ち運ぶ必要がなくなりました。 これは、プリントアウトの世界以外にも影響を及ぼす変化だと考えることができます。 この変化から、ネットプリントに見る将来の社会について考えてみましょう。